日本野鳥の会東京行事予定表

行事予定に詳細のある探鳥会(バードウォッチングをしながら歩く自然観察会)は、会員になられていない方の参加大歓迎です。

携帯電話で見ることができない方はこちら

日本野鳥の会東京月例探鳥会集合地図

行事予定に詳細の無い探鳥会への参加を希望される方は、入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

| | トラックバック (0)

【3/10締切】葛西三枚洲のラムサール条約湿地登録に向けた重要な動き~環境省がパブリックコメントを募集中~

Kasaioki

葛西三枚洲のラムサール条約湿地登録に向けた重要な動き
環境省がパブリックコメントを募集中

当会が中心になって進めてきた、葛西海浜公園三枚洲のラムサール条約湿地への登録を目指す活動について登録の実現に向けての大事な手続きが始まっています。

ところで、
日本の湿地をラムサール条約湿地に登録するためには、次の条件を満たしていることが必要であることをご存知ですか?
①国際的に重要な湿地であること(国際的な基準のうちいずれかに該当すること)
②国の法律(自然公園法、鳥獣保護管理法など)により、将来にわたって、自然環境の保全が図られること
③地元住民などから登録への賛意が得られること

葛西三枚洲が、このうちの②の条件を満たすためには、現在の東京都鳥獣保護区から、国指定の鳥獣保護区の中でも、保護の重要性が高い特別保護地区となることが必要なのです。

当会では、この手続きを進めるように、要望書の提出やシンポジウムの開催などを通じて、行政関係の各機関に働きかけてきました。
この活動が実を結び、要望通りに行政上の手続きが進んだことで、現在のパブリックコメントの募集まで行き着いたと言えます。

葛西三枚洲の保全を目指すための重要な動きです。
3月10日(土)が締切となっています。
皆さんから積極的な意見をお寄せいただき、葛西三枚洲の国指定鳥獣保護区の指定へ向けた力強い後押しをお願いいたします。
当会に入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

海の生き物を守るフォーラム 2018 「海の自然をどう守るか~取り組みと成果」

F2018

海の生き物を守るフォーラム 2018 「海の自然をどう守るか~取り組みと成果」

当会が講演者として参加するフォーラムのお知らせです。

亜熱帯最後の自然海岸である奄美大島・嘉徳海岸、
まるごと博物館計画を進めている山口県・上関、江奈湾干潟(神奈川)、
辺野古・大浦湾(沖縄)など全国の海の問題を取り上げ、成功している部分を共有し、
課題が残る点についての議論が行われます。

事例紹介のトップバッターを務めますのは、当会幹事の飯田です。
葛西海浜公園(江戸川区)のラムサール条約湿地登録を目指す活動をご紹介します。

干潟や海浜の自然保護に関心のある方にとてもおすすめです。
当会の取り組みと、全国の保護活動を一度に知ることができるお得な機会です。
ご参加お待ちしております。

【海の生き物を守るフォーラム 2018 「海の自然をどう守るか~取り組みと成果」】

日時 2018年2月17日(土)13:00~16:00 (開場 12:30)
場所 東京都中央区環境情報センター(https://eic-chuo.jp/)
共催 海の生き物を守る会、日本自然保護協会、ラムサールネットワーク日本

問い合わせ・申し込み先
日本自然保護協会 自然保護部保護室 担当:萩原
TEL:03-3553-4103
Eメール:hagiwara@nacsj.or.jp

<プログラム>
13:00~13:05 開会挨拶および趣旨説明 向井宏(海の生き物を守る会)
13:05~13:40 「葛西三枚洲 ラムサール条約登録」飯田陳也(日本野鳥の会東京幹事)
13:40~14:15 「嘉徳海岸 護岸計画の現状、生物多様性の豊かさ(仮題)」安部真理子・志村智子(日本自然保護協会)
14:15~14:30 休憩
14:50~15:25 「上関海域 まるごと博物館(仮題)」向井宏先(生海の生き物を守る会)
15:25~15:40 「江奈湾干潟 NPO の取り組み(仮題)」横山耕作(NPO 法人 OWS)
15:40~15:55 「辺野古・大浦湾 生物多様性豊かな辺野古の海の現状(仮題)」安部真理子(日本自然保護協会)
15:55~16:00 閉会挨拶 志村智子(日本自然保護協会)
16:00~ 同じ会場で、「海の生き物を守る会」総会を行います。終了後、懇親会も行います。

詳細はこちらにも掲載されています。
http://www.nacsj.or.jp/2018/01/8118/

当会に入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」中西悟堂生誕百二十周年記念誌「自然」刊行に寄せて「自然」編集統括内田康夫さん

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。

「野鳥・Tokyo」中西悟堂生誕百二十周年記念誌「自然」刊行に寄せて「自然」編集統括内田康夫さん

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

トキ野生復帰セミナー&トキ博士検定

ユニークなセミナーと検定のお知らせです。

○トキ野生復帰セミナー
 日時:平成30年3月10日(土)13:00~16:00
 会場:多摩動物公園 動物ホール(東京都日野市程久保7-1-1)
 定員:200名
 応募方法:往復はがきにより2月20日(火)(消印有効)までに申込
 主催:佐渡市 新潟県
 共催:環境省 多摩動物公園

○トキ博士検定(東京会場)
 日時:平成30年3月24日(土)13:30~14:30
 会場:東京新潟県人会館(東京都台東区上野1丁目13-6)
 定員:50名
 応募方法:申込用紙に受検料を添え現金書留にて3月9日(金)(消印有効)までに申込
 主催:佐渡市

詳細は、http://tokinotayori.com/ をご覧ください。

尚、日本野鳥の会東京では、10月に佐渡島での遠出探鳥会を予定しております。
遠出探鳥会の前に予習として参加されてはいかがでしょうか?

当会に入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」優しい時代に (公財)日本野鳥の会 監事 曽我千文さん

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。

「野鳥・Tokyo」優しい時代に (公財)日本野鳥の会 監事 曽我千文さん

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

«改めて語ります「葛西三枚洲とラムサール条約」