日本野鳥の会東京行事予定表

行事予定に詳細のある探鳥会(バードウォッチングをしながら歩く自然観察会)は、会員になられていない方の参加大歓迎です。

携帯電話で見ることができない方はこちら

日本野鳥の会東京月例探鳥会集合地図

行事予定に詳細の無い探鳥会への参加を希望される方は、入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

| | トラックバック (0)

【ラジオ放送】1/4(水)9:00~11:30FM J-WAVE「ポップアップ」で「Young探鳥会」などを紹介

FMラジオ J-WAVEの番組「ポップアップ」で日本野鳥の会東京Young探鳥会担当者が『初心者でも楽しめる野鳥観察公園』について語ります。

放送は、1/4(水)9:00~11:30の間で10:10頃の予定です。

ラジオを聞かれて興味を持たれた方は、下記に参加されてはいかがでしょうか?

「探鳥会」(野鳥を観察する会)は、どなたでも参加可能です


のリンク先から各イベントをご覧の上、興味を持たれた探鳥会にご参加ください。

詳細の書かれているイベントへの事前の予約などは、不要』です。

当日集合場所にお集まりください。

(団体で参加を検討される場合は事前にご相談ねがいます)

次回のYoung探鳥会は、2/11(土)に


として開催されますので、Young探鳥会に興味を持たれた方は、こちらもチェック願います。

Dsc_1871_3

写真は、昨年2/11に開催した葛西臨海公園Young探鳥会の様子です。

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

2月11日(土祝) Young探鳥会・葛西臨海公園

集合: JR京葉線葛西臨海公園駅下 午前10時 google map詳細集合場所
解散: 園内観察施設周辺 午後2時頃
     昼食後の解散になりますのでお弁当を持参してください。(駅前にコンビニあり!)
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)

恒例化した「Young探鳥会葛西臨海公園」

葛西臨海公園は都内随一と言っても良いくらい鳥の多いところ。

だから、初心者の方でもベテランの方でも十分に楽しめます!

最初は鳥の存在になかなか気づけませんが、ベテランがどんどん見つけて知らせてくれます。
わからないことは、案内役の面々に聞いてくだされば、豊富な経験をもとに、いろいろアドバイスを差し上げます。
近くで見られる小鳥やカモの仲間もじっくりと注目しますので、お楽しみに!

ベテランの方は、初参加、初心者の方を交えて鳥を楽しみながら鳥の話題を熱く語って頂けると仲間がどんどん増えていくことでしょう。
目ざとく猛禽類(ワシタカの仲間)を見つければ、初参加の方から熱いまなざしを受けてしまうかもしれません。
また、葛西名物、海面に浮かぶスズガモとカンムリカイツブリの群から別の鳥を探すなどマニアックな部分を楽しみつつ、案内役の面々を巻き込んで、楽しんでください。

当会で取り上げているラムサール条約登録問題にも触れる予定です。

今年はどんな発見があるでしょうか!?

(下のカモ、一つ違うのが混じっているのわかりますか?)

SuzugamoKinkuroSuzugamoSuzugamoSuzugamoSuzugamo

ところで葛西臨海公園はその名のとおり「海を臨む公園」です。風が吹くと

  • とても寒いsnowのでpaper手袋、drama帽子、sign05マフラー、snowboard重ね着など防寒対策は万全にして起こしください。

( ^^) _U~~ 探鳥会解散後はみんなでお茶でもしましょうかねー。(これは当日相談しましょう。)

当日日程が合わずに参加できない方は、毎月第四日曜日の月例葛西臨海公園探鳥会へもご参加ください

尚、ヤン探では、初心者の方がゆっくりと鳥を見られるように、月例葛西臨海公園探鳥会とは、コースを変えてゆっくりと楽しめるコースに変更していますので、常連の方はご注意願います。

* 画像けんぞうファクトリー・フリー素材集からいただきました。

| | トラックバック (0)

1月1日(日祝)初日の出と鳥初めを楽しむ+Young探鳥会【新浜(行徳)】

集合: 行徳野鳥観察舎前 午前6時40分
     東京メトロ東西線行徳駅下車徒歩25分。
     日本橋発5:44、行徳着6:05が便利です。
     (元旦参り向け終夜運転trainをご利用下さい。)
解散: 午前9時頃に行徳野鳥観察舎付近にて
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)

「新年の最初に見られる鳥は何か?」で、「バードウォッチング運」を 占ってみませんか?天気が良ければ、初日の出の後にスカイツリーの奥にfuji富士山が見られタカが複数種類飛んだりします。こっそりと、なすびの漬物を持ってくれば、今年一年の初夢はバッチリです!

草紅葉に降りた霜が、陽が当たるにつれて溶け出す頃、ねぐらを取っていた鳥たちが目覚めて飛び交いだします。普通とは違う行徳鳥獣保護区の姿をお楽しみください。元旦参り向け終夜運転を利用しての参加が便利です。

dangerご注意

  • 行徳野鳥観察舎は『無期休館』のため、暖が取れません。
  • とても寒いsnowのでpaper手袋、drama帽子、sign05マフラー、snowboard重ね着など防寒対策は万全にして起こしください。
  • トイレについて、例外的に野鳥観察舎一階トイレの使用をできます。

annoy東京湾奥部は、野鳥を指標とした国際基準をもとに、アジア地域のシギやチドリの生息にとって重要であることが確認され、IBA(Important Bird Area:重要野鳥生息地)に選定されています。もちろん行徳はその中にあります。日本のIBAについては(公財)日本野鳥の会の「Important Bird Areas in Japan 翼が結ぶ重要生息地ネットワーク」に詳しく紹介されています。また、IBAとしての東京湾奥部については同サイトの「IBAサイトの詳細 東京湾奥部」に解説が載っています。ぜひこちらもご覧ください。

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」全国へひろがれ!「絶滅危惧」若手バーダーを応援する「Young探鳥会(ヤン探)」日本野鳥の会東京幹事石亀明

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。

全国へひろがれ!「絶滅危惧」若手バーダーを応援する「Young探鳥会(ヤン探)」日本野鳥の会東京幹事石亀明

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

12月18日(日)彩湖道満Young探鳥会

集合: JR武蔵野線西浦和駅改札外、北口広場 午前9時
     sign01注意sign01西浦和駅集合です
     『○○浦和駅』と言う駅が多数ありますimpact毎年間違う方がいますのでsign01注意sign01

解散: 午後2時頃道満グリーンパーク(駅から3km)
参加費:200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)
持ち物:riceball弁当・飲み物(必須昼食後の解散になります(駅前にコンビニあり!)
      ・あれば観察道具(無くても可)・雨具・防寒具
履物: スニーカー程度(往復で6km程度平坦地を歩きます。歩き慣れた靴がオススメ!)

タイトルは「Young探鳥会」ですが、老若男女誰でも「若いつもり」で参加しよう!という探鳥会です。

特にバードウォッチング初心者の参加は大歓迎!

今年も、

興和光学(株)

KOWA PROMINAR | KOWA(外部サイトリンク)

協賛による双眼鏡の貸し出しが台数限定であります。eye

貸し出しは、先着順で集合時間より早目に貸し出し開始となりますので、

希望される方はお早めに集合くださいeye

昨年に引き続き

 日本野鳥の会埼玉」と共催になっております。

彩湖周辺には連続性のある環境が広がり、多くの野鳥が越冬中。

憧れの赤い小鳥「ベニマシコ」や見つけにくいキツツキの仲間「アリスイ」など多くの冬鳥に会えるでしょう。

また、参加者全員でゆっくりと見分ける事ができる湖面のカモの仲間などもじっくりと観察しましょう!

遠くの鳥はスタッフやベテランの方が望遠鏡を覗かせてくれますので、ご心配なく(ベテランの方はご協力をお願いいたします)。

当日は、寒くなることもありますので油断せず防寒をしっかりしてお出かけください。
風が出た場合は、とても寒くなります。
風対策として帽子、マフラー、手袋、ウインドブレーカーなど小鳥のように丸まった温かい格好でどうぞ!

天気が良ければ、解散後に「青空お茶会」を開きますので、鳥友づくりや情報交換の場としてご活用ください。

皆様の参加をお待ちしております!

| | トラックバック (0)

«【12/18(日)】東京湾の再生と葛西三枚洲~ラムサール条約への登録を目指して~【シンポジウム】