日本野鳥の会東京行事予定表

行事予定に詳細のある探鳥会(バードウォッチングをしながら歩く自然観察会)は、会員になられていない方の参加大歓迎です。

携帯電話で見ることができない方はこちら

日本野鳥の会東京月例探鳥会集合地図

行事予定に詳細の無い探鳥会への参加を希望される方は、入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

| | トラックバック (0)

東京港野鳥公園でバードウォッチング/東京港野鳥公園探鳥会

これが本当に埋立地!?と思うほどの自然の豊かさ。とかく人工的なイメージを強く持っている人も、雑木林あり、干潟あり、草原あり、淡水の池もあり…の環境には感動すら覚えるはず。海辺の鳥から林の鳥まで欲張ってみたい人にお勧めの探鳥会です。

開催日 毎月第1日曜日(ただし、1月と5月は第2日曜日に開催。)
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 東京港野鳥公園入口 午前10時 google map詳細集合場所
解散 午後1時半頃
交通 JR浜松町駅からモノレール流通センター駅下車、徒歩15分。
またはJR品川駅港南口から大田市場行き都バス(品98)乗車、終点下車徒歩5分。
大森駅東口から京浜島循環バスもあります。
持ち物 弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)
参加費のほかに入園料が必要です。詳しくは(財)日本野鳥の会の東京港野鳥公園案内ページをご覧ください。

この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川でバードウォッチング/多摩川探鳥会(聖蹟桜ヶ丘)

台風が来るたびに、川の流れが変わるどころか風景まで変わってしまう…というダイナミックな地域での探鳥会。「ふだんは川なんか土地の境界線程度にしか思っていない」という人も、一歩踏み入れれば、きっとその自然の豊富さに驚くはず。水辺の鳥・草原の鳥・街に住む鳥などを身近に楽しむにはもってこいの探鳥会です。

開催日 毎月第1日曜日(ただし、5月は第2日曜日に開催。また、1月については三が日と重なる場合は第2日曜日。)
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口 午前10時(ただし、7~9月に限り午前8時15分に集合) google map詳細集合場所
解散 午後1時半頃(7~9月は昼頃解散)
交通 京王線聖蹟桜ヶ丘駅下車(新宿から特急で約30分)
持ち物 弁当(7~9月は昼頃解散のため不要)・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)
▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三番瀬でバードウォッチング/三番瀬(船橋)探鳥会

潮干狩りの時ぐらいしか干潟に行かない…いう人にこそぜひ通っていたたきたい探鳥会。その生き物の多さ、豊かさにきっと驚かされます。特に冬のスズガモの群飛は圧巻。「豊かな海」ってこういうことなんだと実感できる幸せの探鳥会です。

千葉県野鳥の会と共催)

開催日 毎月第1日曜日(ただし、1月については三が日と重なる場合は第2日曜日に開催。)
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 ふなばし三番瀬海浜公園バス停 午前10時 google map詳細集合場所
解散 午後2時頃
交通 JR京葉線二俣新町駅よりバスまたは徒歩25分。
または京成船橋駅南口(JR船橋駅徒歩2分)よりふなばし三番瀬海浜公園行きバス乗車、終点下車。
持ち物 弁当・飲み物・長靴(干潟を歩きます)・雨具・あれば観察道具(無くても可)

この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多磨霊園でバードウォッチング/多磨霊園探鳥会

墓地で探鳥!?と驚くことなかれ。墓地は人影が少ない分、鳥たちを近くで見られる絶好な探鳥地なのです。ひとりで墓地を歩くのは苦手という人も探鳥会なら安心できます。身近な鳥たちをじっくり観察したい人にお勧めの探鳥会です。

開催日 毎月第2日曜日(ただし、4月は第1日曜日に開催)
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 多磨霊園正門前広場 午前8時 google map詳細集合場所
解散 正午頃
交通 JR武蔵境駅乗り換え西武多摩川線多磨駅下車、徒歩5分。
または京王線多磨霊園駅から京王バス(武93または磨01)で霊園表門バス停下車。
持ち物 飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)・弁当の用意はいりません
▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新浜でバードウォッチング/新浜探鳥会(行徳)

2つのコースに分かれて野鳥を観察する探鳥会。その日の気分や体調によってお好きなほうに参加でき、水辺の鳥を十二分に楽しめます。行徳野鳥観察舎にある保護区の鳥たちを見られるのも魅力のひとつです。

開催日 毎月第2日曜日
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 東京メトロ東西線行徳駅前 午前10時 google map詳細集合場所
解散 コースが次の2つあるため、どちらに参加するかで解散時刻が変わります。
  1. 行徳駅から歩いて保護区へ行き、保護区内をゆっくりまわるコース。
    昼食後、午後1時半頃に行徳野鳥観察舎で解散となります。
  2. 行徳駅からバスを使い、江戸川放水路の鳥も観察するコース。
    昼食後、保護区をまわり午後3時半頃解散となります。
交通 東京メトロ東西線行徳駅下車。快速は停まりませんのでご注意ください。
持ち物 弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)
※江戸川放水路をまわるコースに参加する場合はバス代400円が必要です。

この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清澄庭園でバードウォッチング/清澄庭園探鳥会

名石が多いことでも有名な日本庭園。鳥たちの美しさをその風景の一部として鑑賞してみたい…という人にお勧めの探鳥会です。冬には1000羽近いカモが池に休んでいるのを間近で観察できるのも魅力のひとつです。

開催日 毎月第3土曜日
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 清澄庭園入口 午後2時20分 google map詳細集合場所
解散 午後4時半頃
交通 東京メトロ半蔵門線および都営地下鉄大江戸線清澄白河駅から徒歩5分
持ち物 飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)・弁当の用意はいりません。
参加費のほかに入園料が必要です。詳しくは東京都公園協会サイトの「都立公園・庭園案内」にある清澄庭園のページをご覧ください。
▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮でバードウォッチング/明治神宮探鳥会

お正月の初詣で有名な明治神宮。参拝客ばかりが多いのでは?と思いきや、実は静かで大きな森が残され、都会のオアシスになっています。都心に残された自然を堪能したい人にはお勧め。冬にはオシドリが近くで見られるのも魅力です。

開催日 毎月第3日曜日
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 神宮北参道鳥居前 午前8時30分 google map詳細集合場所
解散 正午頃
交通 JR・都営地下鉄大江戸線代々木駅下車、原宿方向へ徒歩10分。
持ち物 飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)・弁当の用意はいりません
▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

谷津干潟でバードウォッチング/谷津干潟探鳥会

周囲の埋め立てが進んで、内陸にポツンと残された貴重な干潟での探鳥会。ラムサール条約登録湿地の指定も受け、国際的にも保護すべしと認められた水域には水鳥がたくさん集まってきます。シギやチドリは識別するのも難しそうという人も探鳥会なら大丈夫。一年を通して干潟の鳥を楽しみたい人にお勧めです。

開催日 毎月第3日曜日
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 JR京葉線南船橋駅南口 午前10時 google map詳細集合場所
解散 午後2時頃
交通 JR東京駅・西船橋駅・東京メトロ有楽町線新木場駅乗り換え、JR京葉線南船橋駅下車
持ち物 弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)

この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高尾山でバードウォッチング/高尾山探鳥会

山の鳥を観察したいという人にお勧め。木のてっぺんにいたり、枝の間をちょこまかと動いて見つけにくい鳥も、みんなで鳥を探すからどんどん見つかります。初夏には美しいさえずりも楽しめる、耳にも嬉しい探鳥会です。

開催日 毎月第4日曜日
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 京王線高尾山口駅前 午前8時15分 google map詳細集合場所
解散 昼食後、頂上付近で。
交通 午前8時15分集合の場合、午前7時13分京王線新宿駅発の急行京王八王子行きに乗り、北野駅で午前7時59分発の各停高尾山口行きに乗り換えるのが便利です。(8時13分高尾山口駅着)
持ち物 弁当・飲み物・軽登山靴(山歩きしやすい靴)・雨具・あれば観察道具(無くても可)
▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)