トップページ | 2007年4月 »

リンク集にリンクを追加しました。

JAWAN(日本湿地ネットワーク)アビネットワーク・Japan (略称はアビネット)のリンクを追加しました。(→リンク集

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月28日(土)多摩川丸子橋上流探鳥会

集合: 東急東横線・目黒線・多摩川線の多摩川駅改札口 午前8時
解散: 武蔵工大グラウンド先の河川敷で午前11時30分頃の予定
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)

春の渡りの季節です。もうツバメなどは渡って来ていますが、まだ「渡りの途中だ」という鳥もいて、この季節は、そういった鳥たちを探してみるのも楽しみの1つ。この探鳥会では、オオルリやキビタキ、XXXXムシクイといった山の鳥たちを探すことにもトライします。連休の旅行前に鳥を覚えておきたい初心者の方にもお勧めです。

この探鳥会は「干潟・湿地を守る日2007」参加イベントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月3日(火)平日・見沼たんぼお花見探鳥会

集合: JR武蔵野線浦和駅前 午前10時
     浦和には「浦和」と名の付く駅が7つありますからご注意ください。
     集合は「東」浦和です。
解散: 見沼氷川公園で午後3時頃の予定。
     昼食後の解散になりますのでお弁当を持参してください。

参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)

目で色とりどりの花々を、耳で小鳥のさえずりを…と、鳥だけでなく、春の花々も楽しんでしまおうという欲張り企画です。のんびり春の散歩を楽しむような気持ちで、お気軽にご参加ください。

この探鳥会は「干潟・湿地を守る日2007」参加イベントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会についてよくあるご質問

日本野鳥の会東京が開催する探鳥会について、よく寄せられる質問を集めてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「第○日曜日」、「第△土曜日」に開催というのは、その月の何週目の日曜日や土曜日のことを指しているのですか?

「第○日曜日」、「第△土曜日」というのは、それぞれ、
「その月のカレンダーの先頭から数えて○番目の日曜日」
「その月のカレンダーの先頭から数えて△番目の土曜日」
という意味になります。

ですから、「何週目の…」ではなく、「何番目の…」というふうにお考えください。

| | トラックバック (0)

探鳥会って何ですか?

バードウォッチングをしながら歩く自然観察会のことです。野鳥を見つけては立ち止まり、声に耳を澄ませ、感動し、感想を語り合いながら歩く様は、バードウォッチングをしながらの散歩やハイキングと表現したほうがふさわしいかもしれません。日本野鳥の会東京の探鳥会には、必ず数人の「探鳥会リーダー」(=案内役です)がおりますので、野鳥のことや観察用具のことなどで、わからないことや知りたいことがあったら、どしどしお尋ねください。探鳥会リーダーも万能ではありませんが、わかる範囲で丁寧に対応させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会に行けばたくさんの野鳥を見られますか?

探鳥会は比較的野鳥を見つけやすく観察しやすい場所を選んで開催するようにしています。また、探鳥会の案内役である「探鳥会リーダー」は、その季節、その地域のどんなところにどんな鳥が生息しているかを把握しており、できるだけ多くの野鳥が見られるよう工夫をこらしています。しかしながら、野鳥の生息数は季節によって変動がありますし、その日の天候によって出現状況が大きく変わることも珍しくありません。その点をご承知の上、ご参加ください。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野鳥を覚えたいなら探鳥会に行くといいよ、と言われました。ほんとうにそうですか?

そうだと思います。野鳥の探し方・見つけ方・種類の見分け方・声の聞き分け方…それらを早く身に着けようと思ったら、ベテランの人たちに教わるのがいちばんの近道だからです。探鳥会でなら、曇りの日にはこんなふうに見える、夕方だとこんなところに集まることがある…など、図鑑に載っていない「生きた知識」をたくさん教えてもらうことができます。

ベテランだって最初から野鳥に詳しかったわけじゃありません。たくさん間違った識別もしてきたはずです。もしかしたら、初心者のあなたが抱える「悩み」はかつてベテランたちが経験した「悩み」と同じかもしれません。そういったベテランたちの解説や体験談から、図鑑には無い知識やコツをどんどん吸収してみてください。きっと楽しさが広がります。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会には野鳥の会の会員じゃなくても参加できますか?

はい。日本野鳥の会東京の探鳥会は、ひとりでも多くの方に鳥を見る楽しさ・自然の大切さを知っていただくために開催しているものばかりです。したがって、会員であるかどうかを問わず参加していただくことができます。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当に野鳥を全く知らないのですけれど、探鳥会に参加していいでしょうか?

はい。大歓迎です。どの探鳥会でも、案内役である「探鳥会リーダー」がバードウォッチングの楽しみ方をひとつひとつ丁寧にご案内いたします。探鳥会が始まったら、できるだけ探鳥会リーダーから離れないようにすると良いでしょう。そうすれば、野鳥のこと、バードウォッチングのことなど、いろいろな話をたくさん聞くことができますし、多くの野鳥を見せてもらうこともできると思います。なお、探鳥会リーダーの持っている望遠鏡は、参加者のみなさんに野鳥を見ていただくために持ってきているものですので、積極的に声をかけて、覗かせてもらってください。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会はいつ・どこでやっていますか?

日本野鳥の会東京には「毎月、同じ週の同じ曜日に同じ場所で開催する」ことになっている探鳥会が10個あります。毎月開催するので「定例探鳥会」と呼んでいます。今まで探鳥会に参加したことが無いという方、バードウォッチングの初心者・入門者だという方にもお勧めのものばかりです。開催日・集合場所・集合時刻などは毎月やっているイベントのページをご覧ください。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会へ参加したいのですけれど、どうやって申し込めば良いですか?

このサイトでご紹介している探鳥会は事前の申し込みが不要なものばかりです。当日、集合時刻までに指定の集合場所にお出でいただければ、そこで受付をいたします。

ところで、当日、受付場所を簡単に見つける方法ですが、

  • 「日本野鳥の会東京支部」と書いた黄色い旗を探す。
                          (こんな旗です→)
  • 望遠鏡を付けたカメラ用三脚を持って集まっている集団を見つける。
Shibu_no_hata
…の2つの方法があります。人通りの多い場所では、意外と2番目の方法が有効です。ぜひお試しください。
▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

持ち物は何に気をつければ良いですか?必要な道具とかありますか?

観察用具(望遠鏡・双眼鏡・図鑑など)は、あると便利ですが、無くても大丈夫です。特に入門者の方は、無理に用意などせず、探鳥会でいろいろアドバイスをもらってから購入することをお勧めします。

なお、観察とは直接の関係はありませんが、探鳥会によっては、「弁当持参」となっているもの(東京港野鳥公園探鳥会多摩川探鳥会三番瀬(船橋)探鳥会新浜探鳥会谷津干潟探鳥会高尾山探鳥会葛西臨海公園探鳥会)があります。

※ 夏は水分補給のための飲み物も忘れずに!(熱射病の予防になります。)

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな服装で参加すれば良いですか?

野鳥たちが嫌がらない服装がいちばん!…ということで、以前は、派手な色彩を避けることが良いとされていました。大自然の中に溶け込むことを考えると、今でもそれが望ましいという結論になるでしょう。しかし、このサイトで紹介している探鳥会は、どれも都市近郊の公園など、人が利用することの多い場所で開催しています。ですから、私たちだけが地味な格好をしていてもあまり意味はありませんし、野鳥たちも比較的、人に慣れています。したがって、動きやすい服装・歩きやすい格好ということに重点を置いて考えていただければ十分です。(軽いハイキングに行くような服装と考えていただければ良いでしょう。)

ただ、探鳥会によっては、履物に注意が必要なもの(三番瀬(船橋)探鳥会高尾山探鳥会)もありますので、ご注意ください。

なお、野外で何時間も過ごすことになりますから、夏は熱射病予防のために帽子の着用をお勧めします。冬は防寒対策を十分にしてお出かけください。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天気が悪いときでも探鳥会はやっていますか?

当日の天気があまりひどいようであれば中止します。ただし、中止するかどうかの判断は、多くの場合、開催日当日に現地に集合してから、結論を出すようにしています。したがって、一概にどうするということは申し上げられません。また、そのような事情があるため、中止の予告なども行っておりませんが、その点はご了解ください。
(なお、企画段階から「雨天中止」と決定しているものについては、その旨を広告しています。)

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会には子供連れで参加しても大丈夫ですか?

お子様連れの参加も大歓迎です。ただし、野外での活動になるため夏の暑さや冬の寒さは小さいお子様にはきついこともあると思います。小さなお子様の場合には、春や秋など、比較的過ごしやすい季節の探鳥会デビューをお勧めいたします。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会には子供だけで参加しても良いですか?

小学生以下のお子様については保護者の方同伴での参加をお願いいたしております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会に大勢で参加したいのですけれど構いませんか?

学校の授業の一環として利用したいなどの理由から、大人数で参加される場合は、予め、日本野鳥の会東京までご連絡ください。また、学校の授業で野鳥観察会を行いたい、会社のサークルなどで野鳥観察会を行いたい…という場合には、ご相談いただければ、講師として「探鳥会リーダー(=案内役)」を派遣することも可能な場合があります。まずは日本野鳥の会東京までご連絡ください。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

探鳥会に参加費は必要ですか?

定例探鳥会では18歳以上の方からは一律200円(保険料を含む)をいただいております(18歳未満の方は無料)。なお、季節限定の探鳥会・その他イベント情報のページで紹介しているイベントの中には、開催に必要な費用をさらにご負担いただくものもございます。詳細は各イベント情報をご確認ください。

▲ページの先頭に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンク集

  • 日本野鳥の会東京 研究部
    日本野鳥の会東京の「野鳥を知る活動」の中心的存在である「研究部」のページ。現在、「東京都産鳥類目録」作成プロジェクトを進めています。
  • 公益財団法人 日本野鳥の会
    全国規模の自然保護活動についてはこちらへ。
  • 全国野鳥密猟対策連絡会
    日本国内から野鳥の密猟を無くすために活動しているNGO。日本野鳥の会東京は「全国野鳥密猟対策連絡会」の実行委員を務めています。
  • 特定非営利活動法人リトルターン・プロジェクト
    特定非営利活動法人リトルターン・プロジェクト
    森ケ崎水再生センター屋上のコアジサシ営巣地を中心に、コアジサシの保護を進めているNPO。日本野鳥の会東京も団体会員です。
  • JAWAN(日本湿地ネットワーク)
    湿地保護活動を進める団体のネットワーク組織。「湿地・干潟を守る日」イベントには、日本野鳥の会東京が水辺で開催する探鳥会もエントリしています。
  • アビネットワークJapanホームページ
    略称はアビネット。日本におけるアビの飛来情報を集めて、アビ類の保護に役立てようというネットワークです。
  • 認定NPO法人行徳野鳥観察舍友の会
    2015年末より閉館中ですが、【行徳野鳥観察舎休館問題】として応援しています。様々なイベント情報が掲載されており活発に活動中です。
  • | | トラックバック (0)

    お問い合わせ

    野鳥の生息保護の観点から、日本野鳥の会東京では、珍鳥情報(珍しい鳥がどこに現れたか)や営巣情報(鳥の巣がどこにあるか)の提供は一切行っておりません。お問い合わせ頂いてもお答えできませんので予めご了承ください。

    • 日本野鳥の会東京が主催するイベントについてのお問い合わせ
      電話でお問い合わせください。
      03-5273-5141 (受付時間:平日[月・水・金]の11時~16時のみ)

      ※ 日本野鳥の会東京が主催していないイベントについては
         お答えできません。
         (財)日本野鳥の会が主催するもの、日本野鳥の会の他支部が
         主催するものについては、お答えできませんので予めご了承ください。
      ※ 探鳥会に10名以上で参加される場合は事前に連絡を願います。

    • このブログに掲載されている内容についてのお問い合わせ

      Otoiawase_3

      ★迷惑メール対策のため、画像となっています。
      下記をコピーして間に「@」を追加してお送り願います。
      tokyo-birders
      googlegroups.com

    • その他のお問い合わせ
      下記のいずれかの方法でお問い合わせください。
      珍鳥情報や営巣情報についてはお答えできません。
      • 郵便の場合:
        〒160-0022 東京都新宿区新宿5-18-16 新宿伊藤ビル3階 日本野鳥の会東京
      • 電話の場合:
        03-5273-5141 (受付時間:平日[月水金]の11時~16時のみ)
      • ファックスの場合:
        03-5273-5142
      • 電子メールの場合:
        office@yacho-tokyo.org

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        あなたもぜひ日本野鳥の会へ

        日本野鳥の会には「本部」と「支部」があります。

        本部というのは「公益財団法人日本野鳥の会」のことで、こちらは、日本全国を視野に入れた活動や国際的な活動を展開しています。

        一方、支部というのは、「公益財団法人日本野鳥の会」が支部として認定した、90個の地域団体のことで、こちらはそれぞれ地域に根差した活動を展開しています。

        ご入会の際は、ご予算や目的に合わせて、以下の会員種別から1つをお選びください。

        • ユリカモメ会員入会案内資料請求の専用ページ
          「日本野鳥の会東京」にのみ所属。
          「公益財団法人日本野鳥の会」には所属しません。
          会費は「日本野鳥の会東京」の年会費3,500円のみ。入会金は不要です。
          地域の活動にのみ興味のある方にお勧めです。

        • 赤い鳥会員→お申し込みは公益財団法人日本野鳥の会
          「日本野鳥の会東京」と「公益財団法人日本野鳥の会」の両方に所属。
          会費は「日本野鳥の会東京」の年会費3,500円のほか、
          「公益財団法人日本野鳥の会」の年会費1,000円が必要。入会金は1,000円
          地域活動を中心に支援したいが、全国的な活動も支援したい方にお勧め。

        • 青い鳥会員→お申し込みは公益財団法人日本野鳥の会
          「公益財団法人日本野鳥の会」にのみ所属。
          「日本野鳥の会東京」には所属しません。
          会費は「公益財団法人日本野鳥の会」の年会費5,000円のみ。入会金1,000円
          地域よりも全国的or国際的な活動を支援したい方にお勧めです。

        • おおぞら会員→お申し込みは公益財団法人日本野鳥の会
          「日本野鳥の会東京」と「公益財団法人日本野鳥の会」の両方に所属。
          会費は「日本野鳥の会東京」の年会費3,500円のほか、
          「公益財団法人日本野鳥の会」の年会費5,000円が必要。入会金は1,000円
          地域的な活動も、全国的or国際的な活動も支援したい方にお勧めです。

        (*1)「ユリカモメ会員」は日本野鳥の会東京の活動のみを支援していただくタイプで、
            公益財団法人日本野鳥の会の会員としては登録されません。したがって
             公益財団法人日本野鳥の会の提供する会員向けサービスを受けることはできません
             のでご注意ください。
        (*2)「青い鳥会員」は公益財団法人日本野鳥の会の活動のみを支援していただくタイプで、
            支部の会員としては登録されません。したがって支部が独自に提供する
             会員向けサービスを受けることはできませんのでご注意ください。

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        毎月やっている「定例探鳥会」

        「定例探鳥会」は「月に1回、同じ場所で開催する」探鳥会のこと。同じ土地に通うようにして野鳥たちを見ていると、その土地の季節ごとの自然の移り変わりや、生態系の変化に気付くことができるので、その土地の自然を深く理解できるようになる、そんな探鳥会です。

        昼食用弁当の持参が必要な探鳥会や、長靴を持参したほうが良い探鳥会などもありますので、各探鳥会の情報をよく確認の上ご参加ください。

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        調査・研究って難しい?

        「野鳥の生息調査・生態研究」などというと、何かとても難しそうな気がします。でも、「鳥について調べる」というのは、別に難しい事ばかりではありません。日常生活の中で、毎朝、天気を気にするのと同じように、ちょっと、身近な鳥たちの様子にも気をかけてみる。そして気付いたことを記録してみる…その積み重ねが、大きな研究成果につながります。もちろん、記録の仕方やまとめ方には工夫が必要になりますが、そんなときには、研究部のホームページを参考にしてみてください。

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        東京港野鳥公園でバードウォッチング/東京港野鳥公園探鳥会

        これが本当に埋立地!?と思うほどの自然の豊かさ。とかく人工的なイメージを強く持っている人も、雑木林あり、干潟あり、草原あり、淡水の池もあり…の環境には感動すら覚えるはず。海辺の鳥から林の鳥まで欲張ってみたい人にお勧めの探鳥会です。

        開催日 毎月第1日曜日(ただし、1月と5月は第2日曜日に開催。)
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 東京港野鳥公園入口 午前10時 google map詳細集合場所
        解散 午後1時半頃
        交通 JR浜松町駅からモノレール流通センター駅下車、徒歩15分。
        またはJR品川駅港南口から大田市場行き都バス(品98)乗車、終点下車徒歩5分。
        大森駅東口から京浜島循環バスもあります。
        持ち物 弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)
        参加費のほかに入園料が必要です。詳しくは(財)日本野鳥の会の東京港野鳥公園案内ページをご覧ください。

        この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        多摩川でバードウォッチング/多摩川探鳥会(聖蹟桜ヶ丘)

        台風が来るたびに、川の流れが変わるどころか風景まで変わってしまう…というダイナミックな地域での探鳥会。「ふだんは川なんか土地の境界線程度にしか思っていない」という人も、一歩踏み入れれば、きっとその自然の豊富さに驚くはず。水辺の鳥・草原の鳥・街に住む鳥などを身近に楽しむにはもってこいの探鳥会です。

        開催日 毎月第1日曜日(ただし、5月は第2日曜日に開催。また、1月については三が日と重なる場合は第2日曜日。)
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口 午前10時(ただし、7~9月に限り午前8時15分に集合) google map詳細集合場所
        解散 午後1時半頃(7~9月は昼頃解散)
        交通 京王線聖蹟桜ヶ丘駅下車(新宿から特急で約30分)
        持ち物 弁当(7~9月は昼頃解散のため不要)・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)
        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        三番瀬でバードウォッチング/三番瀬(船橋)探鳥会

        潮干狩りの時ぐらいしか干潟に行かない…いう人にこそぜひ通っていたたきたい探鳥会。その生き物の多さ、豊かさにきっと驚かされます。特に冬のスズガモの群飛は圧巻。「豊かな海」ってこういうことなんだと実感できる幸せの探鳥会です。

        千葉県野鳥の会と共催)

        開催日 毎月第1日曜日(ただし、1月については三が日と重なる場合は第2日曜日に開催。)
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 ふなばし三番瀬海浜公園バス停 午前10時 google map詳細集合場所
        解散 午後2時頃
        交通 JR京葉線二俣新町駅よりバスまたは徒歩25分。
        または京成船橋駅南口(JR船橋駅徒歩2分)よりふなばし三番瀬海浜公園行きバス乗車、終点下車。
        持ち物 弁当・飲み物・長靴(干潟を歩きます)・雨具・あれば観察道具(無くても可)

        この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        多磨霊園でバードウォッチング/多磨霊園探鳥会

        墓地で探鳥!?と驚くことなかれ。墓地は人影が少ない分、鳥たちを近くで見られる絶好な探鳥地なのです。ひとりで墓地を歩くのは苦手という人も探鳥会なら安心できます。身近な鳥たちをじっくり観察したい人にお勧めの探鳥会です。

        開催日 毎月第2日曜日(ただし、4月は第1日曜日に開催)
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 多磨霊園正門前広場 午前8時 google map詳細集合場所
        解散 正午頃
        交通 JR武蔵境駅乗り換え西武多摩川線多磨駅下車、徒歩5分。
        または京王線多磨霊園駅から京王バス(武93または磨01)で霊園表門バス停下車。
        持ち物 飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)・弁当の用意はいりません
        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        新浜でバードウォッチング/新浜探鳥会(行徳)

        2つのコースに分かれて野鳥を観察する探鳥会。その日の気分や体調によってお好きなほうに参加でき、水辺の鳥を十二分に楽しめます。行徳野鳥観察舎にある保護区の鳥たちを見られるのも魅力のひとつです。

        開催日 毎月第2日曜日
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 東京メトロ東西線行徳駅前 午前10時 google map詳細集合場所
        解散 コースが次の2つあるため、どちらに参加するかで解散時刻が変わります。
        1. 行徳駅から歩いて保護区へ行き、保護区内をゆっくりまわるコース。
          昼食後、午後1時半頃に行徳野鳥観察舎で解散となります。
        2. 行徳駅からバスを使い、江戸川放水路の鳥も観察するコース。
          昼食後、保護区をまわり午後3時半頃解散となります。
        交通 東京メトロ東西線行徳駅下車。快速は停まりませんのでご注意ください。
        持ち物 弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)
        ※江戸川放水路をまわるコースに参加する場合はバス代400円が必要です。

        この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        清澄庭園でバードウォッチング/清澄庭園探鳥会

        名石が多いことでも有名な日本庭園。鳥たちの美しさをその風景の一部として鑑賞してみたい…という人にお勧めの探鳥会です。冬には1000羽近いカモが池に休んでいるのを間近で観察できるのも魅力のひとつです。

        開催日 毎月第3土曜日
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 清澄庭園入口 午後2時20分 google map詳細集合場所
        解散 午後4時半頃
        交通 東京メトロ半蔵門線および都営地下鉄大江戸線清澄白河駅から徒歩5分
        持ち物 飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)・弁当の用意はいりません。
        参加費のほかに入園料が必要です。詳しくは東京都公園協会サイトの「都立公園・庭園案内」にある清澄庭園のページをご覧ください。
        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        明治神宮でバードウォッチング/明治神宮探鳥会

        お正月の初詣で有名な明治神宮。参拝客ばかりが多いのでは?と思いきや、実は静かで大きな森が残され、都会のオアシスになっています。東京の街中の鳥が多く見られ、カワセミやヤマガラとの出会いもあります。都心に残された自然を堪能したい人にはお勧めです。

        開催日 毎月第3日曜日
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 神宮北参道鳥居前 午前8時30分 google map詳細集合場所
        解散 正午頃
        交通 JR、都営地下鉄大江戸線 代々木駅下車 原宿方向へ徒歩8分
        東京メトロ副都心線 北参道駅下車 1番出口から徒歩5分
        持ち物 飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)・弁当の用意はいりません
        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        谷津干潟でバードウォッチング/谷津干潟探鳥会

        周囲の埋め立てが進んで、内陸にポツンと残された貴重な干潟での探鳥会。ラムサール条約登録湿地の指定も受け、国際的にも保護すべしと認められた水域には水鳥がたくさん集まってきます。シギやチドリは識別するのも難しそうという人も探鳥会なら大丈夫。一年を通して干潟の鳥を楽しみたい人にお勧めです。

        開催日 毎月第3日曜日
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 JR京葉線南船橋駅南口 午前10時 google map詳細集合場所
        解散 午後2時頃
        交通 JR東京駅・西船橋駅・東京メトロ有楽町線新木場駅乗り換え、JR京葉線南船橋駅下車
        持ち物 弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)

        この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        高尾山でバードウォッチング/高尾山探鳥会

        山の鳥を観察したいという人にお勧め。木のてっぺんにいたり、枝の間をちょこまかと動いて見つけにくい鳥も、みんなで鳥を探すからどんどん見つかります。初夏には美しいさえずりも楽しめる、耳にも嬉しい探鳥会です。

        開催日 毎月第4日曜日
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 京王線高尾山口駅前 午前8時15分 google map詳細集合場所
        解散 昼食後、頂上付近で。
        交通 午前8時15分集合の場合、午前7時13分京王線新宿駅発の急行京王八王子行きに乗り、北野駅で午前7時59分発の各停高尾山口行きに乗り換えるのが便利です。(8時13分高尾山口駅着)
        持ち物 弁当・飲み物・軽登山靴(山歩きしやすい靴)・雨具・あれば観察道具(無くても可)
        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        葛西臨海公園 でバードウォッチング/葛西臨海公園探鳥会

        葛西臨海公園は都内でいちばんと言っても過言ではないほどの水鳥の渡来地。冬には数万羽のスズガモ、数千羽のカンムリカイツブリ…とスケールの大きい観察ができます。大きな群れを見てみたいという人にはぜったいお勧めです。春・秋の渡りの季節には、水鳥だけでなく、山の鳥が立ち寄るのも観察できる、ちょっと贅沢な探鳥会です。

        開催日 毎月第4日曜日
        参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
        集合 JR京葉線葛西臨海公園駅下 午前10時 google map詳細集合場所
        解散 午後3時頃
        交通 JR東京駅・西船橋駅からJR京葉線(京葉線快速は停車しません)、
        または東京メトロ有楽町線新木場駅でJR京葉線に乗り換え、葛西臨海公園駅下車。
        あるいは東京メトロ東西線葛西駅または西葛西駅からバス。
        持ち物 弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)

        この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

        ▲ページの先頭に戻る

        | | コメント (0) | トラックバック (0)

        トップページ | 2007年4月 »