« きょうは「干潟・湿地を守る日」 | トップページ | 5月19日(土)・20日(日) 
東京バードフェスティバル2007
-野鳥公園発 来て見て楽しむ東京の鳥と海- »

カワウの狩猟鳥化に反対!…環境省へ意見を提出しました。

3月22日から4月20日までの間、環境省は「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則の一部改正(案)」についての意見(パブリックコメント)を募集しました。これに対し、日本野鳥の会東京支部は

  1. カワウを狩猟鳥とすることには反対する
  2. ウズラを捕獲禁止とすることには賛成する

という意見を、下記のとおり提出しました。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

〔件名〕鳥獣法施行規則改正案に関する意見
〔宛先〕環境省自然環境局野生生物課
〔氏名〕日本野鳥の会東京支部 (支部長 西村眞一)
〔住所〕160-0022 東京都新宿区新宿5-18-16 新宿伊藤ビル3階
〔電話番号〕03-5273-5141 〔FAX番号〕03-5273-5142

<意見1>

1.省令案のどの部分への意見か

1ページ 1.狩猟鳥獣の見直し(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律施行規則(以下「規則」という。)第3条)
(改正内容)
近年、著しくその数が増加したことにより、農林水産業や生態系等の被害の発生要因となっているカワウについて、鳥獣の保護を図るための事業を行うための基本的な指針(平成19年1月24日告示)で示している次の狩猟鳥獣の選定の考え方に合致していることから、狩猟鳥獣に追加する。
  ・ 生息状況が拡大し、農林水産業に係る被害が相当程度認められること。
  ・ 狩猟での被害対策を目的とした捕獲等による個体数の抑制が期待できること。
  ・ 繁殖力があり捕獲等がその生息の状況に著しい影響を及ぼすおそれのないこと。

2.意見の要約

カワウの狩猟鳥化については反対する。

3.意見及び理由

・ ここで狩猟を導入してしまうと、狩猟者による捕獲分がコントロールできないため実験計画を遂行することが困難になり、捕殺の効果が検証できなくなるおそれがある。狩猟圧で被害をなくすのではなく、科学的な調査を予算をつけて実施し、個体数の管理を行うべきである。
・ 狩猟鳥にした場合、カワウと識別の難しいウミウやヒメウもハンターに撃たれ、減少してしまう可能性がある。猟期にカワウを撃てる内水面が限られているため、ウミガモ類など海水面での猟の時にウミウやヒメウもむやみに撃たれる恐れがある。

<意見2>

1.省令案のどの部分への意見か

2.対象狩猟鳥獣の禁止・制限の見直し(規則第10条第1項)
(1)ウズラの捕獲等の禁止
環境省が実施した自然環境保全基礎調査等により全国的に生息分布の減少が摘されているウズラについて、生息分布の減少の主な要因と考えられる生息環境の悪化に加え、狩猟の継続がウズラの生息状況に与える影響も否定できないことから、全国の区域において、5年間の捕獲等の禁止とする。

2.意見の要約

ウズラの捕獲禁止措置については賛成する。

3.意見及び理由

ウズラの減少については、自然環境保全基礎調査に加えて各都道府県のレッドリストの指定状況を見ても明らかである。早急に捕獲を禁止し、全国的な生息状況の継続的な調査を行い、個体数の回復策について検討すべきである。

|

« きょうは「干潟・湿地を守る日」 | トップページ | 5月19日(土)・20日(日) 
東京バードフェスティバル2007
-野鳥公園発 来て見て楽しむ東京の鳥と海- »

5..保護活動」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207350/14798166

この記事へのトラックバック一覧です: カワウの狩猟鳥化に反対!…環境省へ意見を提出しました。:

« きょうは「干潟・湿地を守る日」 | トップページ | 5月19日(土)・20日(日) 
東京バードフェスティバル2007
-野鳥公園発 来て見て楽しむ東京の鳥と海- »