« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

IBAでバードウォッチング

東京には、野鳥の生息にとってとても重要だと考えられる地域がたくさんあります。そのほとんどは島嶼部に偏ってしまっているのですが、実は、東京湾という水域も、野鳥にとって重要で、日本野鳥の会は「東京湾奥部」を重要野鳥生息地(IBA)として選定しています。

日本野鳥の会東京支部では、毎月、「東京湾奥部」に含まれる5ヶ所の地域で探鳥会を開催しています。身近な自然であるとともに、世界的に見ても重要な自然が、そこにあります。ぜひ、IBAでのバードウォッチングにお出かけください。

<IBAで開催している探鳥会>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月12日(火) [室内例会]中西悟堂と善福寺

講師: 西村眞一(日本野鳥の会東京支部支部長・中西悟堂研究家)
開催時間: 午後7時~午後9時(開場は午後6時30分から)
会場: 渋谷区千駄ヶ谷区民会館 1階 第1会議室
会場までの地図や交通については渋谷区役所ホームページの千駄ヶ谷区民会館のページをご覧ください。
参加費: 500円

日本野鳥の会東京支部が杉並区にある善福寺公園で探鳥会を開催するようになって25年。それを記念して、日本野鳥の会の創設者であり、本支部初代支部長である中西悟堂と、善福寺との係わり合いについて、講演を行います。講師は、中西悟堂研究家でもあり、善福寺の歴史にも造詣が深い本支部 支部長の西村眞一。中西悟堂が住んでいた当時の善福寺の様子を、当時の地図や写真などでご紹介します。(未公開資料の展示もあります。)日本野鳥の会の歴史に興味ある方はぜひお越しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩川探鳥会を東京新聞が取材

今月13日、多摩川探鳥会に東京新聞の記者さんがお見えになり、探鳥会の様子を取材されました。何でも「団塊の世代」の方たちにライフスタイルを提案するコーナーの記事だそうで、「バードウォッチングを楽しむ」ことを紹介したい、ということでした。

当日は天気も良く、参加者のみなさんにも取材協力をお願いして探鳥会を進めました。

…それで、どんな新聞記事になったかというと、それは下記リンクをたどって読んでください。多摩川探鳥会の楽しさの一端を感じ取っていただければと思います。

東京新聞【プレシニア記者がゆく これからの入門ガイド】
野鳥観察(上) こんなに多くと出会えるなんて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月19日(土)・20日(日) 
東京バードフェスティバル2007
-野鳥公園発 来て見て楽しむ東京の鳥と海-

開催時間: 10時~16時(両日とも)
会場: 東京港野鳥公園(開催期間中のみ入園料無料
交通: 東京港野鳥公園サイトをご確認ください。
参加費: 無料
主催: 東京バードフェスティバル実行委員会

毎年5月に開催されている東京バードフェスティバル。日本野鳥の会東京支部も出展します。 We_are_here_3

日本野鳥の会東京支部のブースNoはB-6。公園正門を入って左に曲がったら突き当たりの、とてもわかりやすい場所です。ぜひお越しください。

  • ブースでは、春~夏に都内で見られる野鳥や、日本Dp20060514002w500k_1野鳥の会東京支部が主催している探鳥会の様子を写真展示するほか昨年の春~夏の毎月の野鳥の出現記録を掲載した支部報「ユリカモメ」の特別無料配布も実施します。また、最近問題になっている「外来鳥」をテーマにしたクイズ展示もします。お気軽にお越しください。
  • 20日(日)には探鳥会「バードウォッチングを始めよう!」も開催します。参加費無料・事前申し込み不要。日本野鳥の会東京支部の「探鳥会リーダー」が園内をご案内します。初心者の方、これからバードウォッチングを始めようという方、大歓迎です。東京港野鳥公園で初夏の野鳥を満喫しましょう。

バードウォッチングを始めよう!Dp20060514006w500k_1
集合: 20日午前10時 東京港野鳥公園入口
解散: 園内で正午頃
参加資格: どなたでも(参加費無料・事前申し込み不要)

  他の出展情報もチェック!→東京バードフェスティバル2007公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »