« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

Young探鳥会がラジオで紹介されました。
ネットでも聞けます。ぜひアクセス。

11月3日に開催したYoung探鳥会が、JAPAN FM NETWORKの情報番組「コスモ アースコンシャス アクト ずっと地球で暮らそう。」で紹介されました。ラジオで放送されたプログラムは、後からでもネットで聞くことができます。(パソコンでも、ポッドキャストでも可。)ぜひ、アクセスしてみてください。

コスモ アースコンシャス アクト ずっと地球で暮らそう。~明治神宮で「Young探鳥会」!

| | トラックバック (0)

11月28日(水)
第3回とうきょうのカモ・シンポジウム
「カモたちが安心してすごせる環境をつくろう」

開催時間: 午後6時15分~午後9時(開場は午後6時から)
会場: 渋谷区千駄ヶ谷区民会館 2階ホール
会場までの地図や交通については渋谷区役所ホームページの千駄ヶ谷区民会館のページをご覧ください。
参加費: 300円

ゲスト/パネリスト:
志村英雄氏(NPO法人野鳥千葉理事長)
田久保晴孝氏(三番瀬を守る会会長)
高橋邦年氏(日本野鳥の会千葉県支部幹事)

コーディネーター:
川内 博(日本野鳥の会東京支部)

SuzugamoKinkuro SuzugamoSuzugamoSuzugamoSuzugamo

東京やその周辺でカモが減っている!…と、バードウォッチャーが気付きだしたのは1990年代後半。でも、実際のところ、どうなんでしょう?それをこのシンポジウムで明らかにしていきます。

前回までのシンポジウムでは、都心部の池や多摩川全流といった内陸部のカモの渡来状況や様子などを見てきましたが、第3回目となる今回は、「海」に着目。シンポジウムの前半では、ゲストの方々に東京湾を中心とした海辺のカモの状況について紹介をいただき、後半はご来場いただいた皆さんとともに、水辺環境の保全について意見交換をする予定です。ぜひご参加ください。

* 画像はけんぞうファクトリー・フリー素材集からいただきました。

| | トラックバック (0)

たくさんのご参加ありがとうございました\(^o^)/Young探鳥会

11月3日、明治神宮で開催したYoung探鳥会。担当スタッフは当初「20名集まったらいいなぁ、集まるかな~」などと申しておりましたが、42名もの方にご参加いただくことができ、とても喜んでおります。たいへんありがとうございました。

さてさて、開催から少し日にちが経ちましたので、ご参加いただいた方の声でも拾えないかと、ブログの世界をツツツッ…っと巡ってみましたら、あ、ありました、ありました。

まずは、「たまむ」さん記すDOKODEMO野鳥Young探鳥会という記事。

「もう鳥より鳥屋に逢うことが目的の探鳥会」…とはお見事なご指摘。図星です。(^^ゞ

でも、その雰囲気を楽しんでいただけたようで「大学生鳥屋も結構いることが分かって満足♪楽しかったなぁ・・・。」とも記されていました。ありがとうごさいます。(*^^)v

当日写されたカモの写真も掲載されています。カルガモの雌雄を識別しているあたりに深さを感じますね。

次は、「RANGER」さん記す月の下でYOUNGという記事。

当日の明治神宮の混雑っぷりがわかる写真が掲載されています。当日は「秋の大祭」の日でしたし、七五三も近かったですからね。

「大学生集団を形成するための工作はある程度成功したようで、一纏りできてちょっと満足。」のコメント、ありがとうございます。(^^♪

「もう15?16?年経っても変わらないのは、鳥自体よりも鳥を誰かと見ていることが好きってこと。」という言葉は心にぐっとしみました。

さて、最後は、担当スタッフのブログを紹介します。「TAJI」さん記すEndless Birding11/3 Young探鳥会 in 明治神宮という記事。

なんと、ここ東京支部のブログに先行して、次回Young探鳥会の予告が載っているではないですか。こりゃまた気が早い…。詳細はそのうち、このブログでもご案内しますが、気になる方はぜひアクセスしてください。

「鳥合わせ」(…観察会最後に、参加者全員で鳥の記録をまとめるのですが、それをこう呼びます…)のときの写真が掲載されています。みなさん下を向いていますが、それは鳥の記録をノートに付けているからであって、飽きているんじゃありませんからね!誤解なさらないように。

| | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »