« 9月5日(土)多摩川河口+Young探鳥会 | トップページ | 水元公園鳥獣保護区の指定期間更新に賛意を表明しました。 »

葛西臨海公園を守ろう!
オリンピック競技施設建設計画の見直しを
都知事・都議会・招致委員会に陳情しました。

2016年オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に東京は立候補をしていますが、その「競技会場プラン」の中に、葛西臨海公園内における、カヌー(スラローム)競技場建設計画のあることがわかりました。
葛西臨海公園は都内有数の野鳥生息地です。
日本野鳥の会東京支部では、東京での開催が確定してしまう前の早い段階で対応すべきと考え、建設計画の見直しを求める陳情書を、東京都知事に提出いたしました。また、東京都議会および東京オリンピック・パラリンピック招致委員会へも、同様の文書を提出しました。同時に、東京都議会の各会派へ、建設計画見直しへの協力を要請いたしました。

東京オリンピック・カヌー(スラローム)競技場建設計画の見直しを求める陳情
2009年8月18日提出

東京都知事 石原 慎太郎 殿

郵便番号160-0022                 
東京都新宿区新宿5-18-16 新宿伊藤ビル3階
電話番号:03-5273-5141             
日本野鳥の会東京支部 支部長 中 村 一 也

2016年東京オリンピックのカヌー(スラローム)競技場は、葛西臨海公園の自然豊かな樹林を壊して建設するのではなく、自然を破壊することのないよう、近隣の遊休地などに建設して頂きたい。

日本野鳥の会東京支部は、葛西臨海公園開園以来、毎月、当公園での野鳥観察会を開催し、当公園で確認できた鳥類の種類を記録してきた。その結果、当公園では過去15年間に175種類もの鳥類が確認された(資料-1)。東京都内、特に23区内においてこれほど多くの鳥類が生息する地は他に無く、これは葛西臨海公園が都内有数の自然環境を有する場所であることを示している。

特に、海岸線の森林がほとんど残っていない東京湾奥部において、当公園の西側地域に広がる林地は非常に貴重な環境である。日本野鳥の会東京支部は、当公園で記録された鳥種のうち45%が水鳥ではなく山野に生息する種類であることを確認しており、また、その多くが渡り鳥であることから、この林地が渡り鳥の休息場所として重要であることを確認している。この林地を破壊し消失させることは、渡り鳥の「渡り」の生態を歪め、国境を越えて生息する鳥類の生態を脅かすことに他ならない。それは環境保護優先を掲げ「緑のオリンピック」を謳う東京オリンピック・パラリンピックの思想に、明らかに反している。

日本野鳥の会東京支部は、東京でのオリンピック・パラリンピックの開催に反対するものではないが、大規模な緑化事業の陰で、貴重な既存の緑を破壊してまで競技施設を建設する行為を看過することはできない。

東京オリンピックのカヌー(スラローム)競技場の建設は、近隣の遊休地を利用するなどし、葛西臨海公園の貴重な自然を破壊することのないよう、計画の見直しをお願いしたい。

以上

添付:資料-1(葛西臨海公園野鳥観察会鳥類記録リスト

|

« 9月5日(土)多摩川河口+Young探鳥会 | トップページ | 水元公園鳥獣保護区の指定期間更新に賛意を表明しました。 »

5..保護活動」カテゴリの記事

5.1..【葛西問題】」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207350/46004952

この記事へのトラックバック一覧です: 葛西臨海公園を守ろう!
オリンピック競技施設建設計画の見直しを
都知事・都議会・招致委員会に陳情しました。
:

« 9月5日(土)多摩川河口+Young探鳥会 | トップページ | 水元公園鳥獣保護区の指定期間更新に賛意を表明しました。 »