« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

会報訂正…28日(土)…室内例会「会員の集い」

ユリカモメ2012年1月号の表紙面に掲載の1月のバードカレンダー

正 「28日(土)…室内例会「会員の集い」です。
誤 「28日(日)…室内例会「会員の集い」は曜日が間違っておりました。

お詫びして訂正致します。

| | トラックバック (0)

1月1日(日)初日の出と鳥初めを楽しむ+Young探鳥会

集合: 行徳野鳥観察舎 午前6時40分
     東京メトロ東西線行徳駅下車徒歩25分。
     日本橋発5:44、行徳着6:05が便利です。
     (元旦参り向け終夜運転trainをご利用下さい。)
解散: 午前9時頃に行徳野鳥観察舎付近にて
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)

「新年の最初に見られる鳥は何か?」で、「バードウォッチング運」を 占ってみませんか?天気が良ければ、初日の出の後にスカイツリーの奥にfuji富士山が見られタカが複数種類飛びます。こっそりと、なすびの漬物を持ってくれば、今年一年の初夢はバッチリです!

草紅葉に降りた霜が、陽が当たるにつれて溶け出す頃、ねぐらを取っていた鳥たちが目覚めて飛び交いだします。普通とは違う行徳野鳥観察舎保護区の姿をお楽しみください。元旦参り向け終夜運転を利用しての参加が便利です。

dangerご注意

  • とても寒いsnowのでpaper手袋、drama帽子、sign05マフラー、snowboard重ね着など防寒対策は万全にして起こしください。

annoy東京湾奥部は、野鳥を指標とした国際基準をもとに、アジア地域のシギやチドリの生息にとって重要であることが確認され、IBA(Important Bird Area:重要野鳥生息地)に選定されています。もちろん行徳はその中にあります。日本のIBAについては(財)日本野鳥の会の「Important Bird Areas in Japan 翼が結ぶ重要生息地ネットワーク」に詳しく紹介されています。また、IBAとしての東京湾奥部については同サイトの「IBAサイトの詳細 東京湾奥部」に解説が載っています。ぜひこちらもご覧ください。

| | トラックバック (0)

【準定例】多摩川でバードウォッチング/多摩川丸子橋上流探鳥会

交通の便利な場所ですが、林や草原、水辺など、それぞれの環境に住む鳥たちが見られます。私たちの生活圏のすぐ隣りでこんなにいろいろな鳥たちが暮らしていたのか!これに気がつくと毎日がちょっと心豊かになるはずです。

日本野鳥の会東京行事予定表もご参照ください

開催日 年4回(1月3日、春分の日・昭和の日(もしくは振替休日)、体育の日)
参加費 200円(保険料含む。ただし18歳未満は無料です。)
集合 東急東横線・目黒線または多摩川線、多摩川駅改札口午前10時(ただし昭和の日(もしくは振替休日)は午前8時)google map詳細集合場所
解散 東京都市大学グラウンド先の河川敷で、午後2時頃(ただし昭和の日(もしくは振替休日)は午前11時30分頃)
交通 渋谷駅から約20分、目黒駅から約15分、蒲田駅から約10分
持ち物 弁当(昭和の日(もしくは振替休日)は不要)・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)

▲ページの先頭に戻る

| | トラックバック (0)

『野鳥の父・中西悟堂と善福寺池』展会期延長~2月5日(日)杉並区立郷土博物館分館

Nakanishigodou
当会が年4回開催している、善福寺公園探鳥会でおなじみの善福寺池と、昭和9年に日本野鳥の会を創設した中西悟堂に関しての、展示会です。

『野鳥の父・中西悟堂と善福寺池』展
後援:(公財)日本野鳥の会

杉並区立郷土博物館分館『野鳥の父・中西悟堂と善福寺池』展が、大変好評につき、2012年2月5日(日)まで、会期延長となりました。

一部展示品を差し替えます。

【講演会のお知らせ】
1月15日(日)分館東棟1階にて、午後1時30分~3時まで、3回目の講演会「中西悟堂と善福寺池」を行います。
講演:西村眞一(中西悟堂研究家)
先着順30名、午後1時より整理券を配布します。
12月、1月の休館日は、毎週月曜日、第3木曜日(12月21日、1月18日(正)12月15日、1月19日)、年末年始(12月28日~1月4日)、
※1月9日は月曜日ですが、成人の日(祝日)ですので開館し、翌10日(火)は、休館します。

杉並区立郷土博物館分館『野鳥の父・中西悟堂と善福寺池』展

お問い合わせ:杉並区立郷土博物館分館
         電話03-5347-9801
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/histmus/event/index.asp?event=15172

| | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »