« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

5月から月例三番瀬探鳥会再開!

月例三番瀬探鳥会は、震災で被害を受けた為、今年度はすべて中止となりましたが、

5月から月例探鳥会再開となります。

Ca3a0055ただし、しばらくの間復旧作業が続くため、部分的に立ち入りが制限される場合などがありますので、あらかじめご了承ください。


尚、5月の月例三番瀬探鳥会は、潮干狩りのピークシーズンで、


バスおよび駐車場が、渋滞、混雑で機能しない

事がありますので、二俣新町駅からおよそ30分程の

「徒歩」

での参加もご検討ください。

今後共、月例三番瀬探鳥会をよろしくお願い致します。

| | トラックバック (0)

4月1日(日)多摩川(聖蹟桜ヶ丘)月例+Young探鳥会

集合: 京王線聖蹟桜ヶ丘駅西口 午前10時Yamazakura0804
     新宿から特急で約30分
解散: 午後1時半頃に現地にて
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)
持ち物: riceball弁当・飲み物・雨具・あれば観察道具(無くても可)

草木が芽吹き昆虫や小動物の活動が活発化するこの季節、鳥たちも繁殖に渡りに大忙し。 対岸の桜並木cherryblossomcherryblossomcherryblossomを眺めながら、ツグミ、タヒバリなどの冬鳥とツバメやコチドリといった夏鳥の両方を楽しみましょう。 昨年は渡り途中のタゲリ、マヒワも見られました。 探鳥会の後は、ヤングな参加者を交えて鳥談義に花を咲かせましょう! お友達連れ、お子さま連れ、お孫さん連れ、初心者の方も、ベテランの方も大歓迎の探鳥会です。 「小さい春」を見つけに、是非多摩川へお越しください。

多摩川でバードウォッチング/多摩川探鳥会(聖蹟桜ヶ丘)

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」町民の方と調べた三宅島のアカコッコの数

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。

町民の方と調べた三宅島のアカコッコの数

入会頂けると、毎月、当会機関誌『ユリカモメ』が手元に届き「野鳥・Tokyo」を含め様々な記事や探鳥会情報を読むことができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

| | トラックバック (0)

アウトドア雑誌『Fielder』+3/2東京新聞(朝刊)お出かけ情報欄

アウトドア雑隔月誌『Fielder』 Vol.2 3月号(笠倉出版社)

にて、バードウォッチングや日本野鳥の会の活動が紹介されました。

概ね20~30才台の男性向きのアウトドア雑誌で、

東京港野鳥公園でバードウォッチング/東京港野鳥公園探鳥会

Young探鳥会

にも触れられています。

また

東京新聞(朝刊)のお出かけ情報欄にて、

多摩川でバードウォッチング/多摩川探鳥会(聖蹟桜ヶ丘)

が紹介されました。

興味を持たれた方は、参加されてみてはいかがでしょうか?
どなたでも参加することができます。

尚、東京港野鳥公園、多摩川(聖蹟桜ヶ丘)は、毎月第一日曜日に開催しておりますので、今回ご参加が難しいい場合でも、次回以降の日程でご検討頂ければ幸いです。

4月1日(日)の多摩川でバードウォッチング/多摩川探鳥会(聖蹟桜ヶ丘)は、Young探鳥会と合同となります。

上記以外にも多数のイベントをおこなっております。

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »