« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

5月22日(水)葛西臨海公園自然ふれあい塾

集合: JR京葉線葛西臨海公園駅下 午前10時 google map詳細集合場所
交通: JR東京駅(地下ホーム)から京葉線の各停で約27分。

     東京メトロ有楽町線の新木場駅で京葉線各停に乗り換え約10分。
解散: 公園内 午後3時頃
     昼食後の解散になりますのでお弁当を持参してください。(駅前にコンビニあり!)
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)
イベント内容:2020年東京五輪開催が決まり巨大競技施設が建設された場合、葛西の自然環境は大きく失われるでしょう。今回は競技施設の計画地で現在暮らす様々な生物達を観察します。樹林地はヒタキ類など春の渡り鳥が、淡水池はトンボ類が、西渚は営巣を始めるコアジサシ等水鳥類の姿も見られるでしょう。広大な干潟の埋め立てから30年余り、葛西によみがえった自然の重要性を見つめ直したいと思います。
<参考>

2013.3オリンピック施設計画に関する、団体署名のお願い

2013.3猪瀬直樹東京都知事に都立葛西臨海公園での2020年東京オリンピックカヌー競技場建設の計画変更を求める要望書を提出

2012.09.身近な生物多様性の宝庫、葛西臨海公園の抱える問題とは? ~自然を守るために知ってもらいたいこと~

2012.08.都立葛西臨海公園での2020年東京オリンピ
ックカヌー競技場建設の変更についての要望書を東京都知事と東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会に提出しました

2012.06.葛西臨海公園オリンピックカヌー競技場建設計画再浮上について 都内有数の野鳥生息地・葛西臨海公園を守ろう

尚、月例葛西臨海公園探鳥会毎月第四日曜日に開催しておりますので、次回以降の日程でご検討頂ければ幸いです。

上記以外にも多数のイベントをおこなっております。

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

5月11日(土)高尾山Young探鳥会

集合: 京王線高尾山口駅 午前8時15分 google map詳細集合場所
     京王線新宿駅07:10発[急行]京王八王子行きに乗ると便利。
     (この電車は北野駅で07:55発[各停]高尾山口行きに乗り換えとなります。)
解散: 昼食後、高尾山の山頂付近で
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)
持ち物: 飲み物・riceballお弁当・sprinkle雨具・あれば観察道具(無くてもOK)

BIRDER2013年5月号にも紹介された高尾山の『Young探鳥会』

およそ40代くらいまでの方を対象としたYoung探鳥会、今年も高尾山で行います。
昨年は、びっくりするくらいよく見られたキビタキは、今年もあらわれるでしょうか?
オオルリやクロツグミは姿を現してくれるでしょうか?
もちろん夏鳥の声も楽しめます。運がよければ渡り途中の珍しい鳥に出会えるかも!?
初心者、初参加の方も大歓迎の探鳥会です。初夏の新緑を一緒に楽しみましょう。
お時間に余裕のある方は、終了後のcafeお茶会にもお付き合い頂けると嬉しいです。

dangerご注意

  • 登り坂が続きますので歩きなれたshoe靴か軽登山靴で足回りはしっかりと。

  • 初夏とはいえそれなりに冷え込みますので、雨と寒さ対策もお忘れなく。

また、当日日程が合わない場合は、

月例探鳥会(毎月定例で行なっている鳥の観察会)

高尾山でバードウォッチング/高尾山探鳥会

に参加されてみてはいかがでしょうか?
どなたでも参加することができます。

尚、高尾山は、毎月第四日曜日に開催しておりますので、今回ご参加が難しいい場合でも、次回以降の日程でご検討頂ければ幸いです。

上記以外にも多数のイベントをおこなっております。

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」改めて探鳥会を考える・その歴史と使命 公益財団法人日本野鳥の会主席研究員安西英明さん

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。


入会頂けると、毎月、当会機関誌『ユリカモメ』が手元に届き「野鳥・Tokyo」を含め様々な記事や探鳥会情報を読むことができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

| | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »