« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

「野鳥・Tokyo」八丈島に暮らして 新東京都産鳥類目録・八丈島担当 岩崎由美さん

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。


入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

【葛西問題】環境保全と両立するオリンピックの開催を求めて

2013年9月8日
日本野鳥の会東京  代表  川沢 祥三
公益財団法人日本野鳥の会  理事長 佐藤 仁志

1.はじめに
このたび2020オリンピック開催地として東京が選ばれたことに関して、私たちは環境保全とスポーツの祭典が両立することを心から望んでいます。このような立場から、私たちはこれまで東京招致自体に反対する行動は取らず、葛西臨海公園の豊かな自然環境を破壊するカヌー競技場建設計画の見直しを求めて運動を続けてまいりました。これからは葛西臨海公園の自然を守る取組みを一層強めていく決意です。

2.既往の環境影響評価書の公表と、より精密な環境影響評価の実施を!
私たちは2012年8月23日に東京都オリンピック招致委員会事務局(以下「都事務局」という)と都知事あてに要望書を提出して以来、都事務局と数回の交渉を持ち、私たちの見解と思いを伝えてまいりました。その中で観覧席が常設から仮設に変更されるなどの修正はあったものの、国際オリンピック委員会(以下IOCという)に立候補ファイルと共に提出された環境影響評価書(葛西臨海公園に関する部分)について都事務局は公表を拒み、「野鳥の会と対立関係にはなりたくないと言いつつも計画の見直しには一切言及がありませんでした。
開催地が東京に決まった今こそ都事務局は提出済みの環境影響評価書を公表すべきであり、計画の中身を知らない地元住民や多くの都民に知らせる義務があると考えます。また、IOCが2013年6月に示した各立候補都市に関する評価書においてadditional commentsとして指摘したように、葛西臨海公園及びその周辺に関するより精密な環境影響評価を実施する必要があると考えます。

3.代替候補地の選定とそれに関する環境影響評価の実施を強く求めます
葛西臨海公園の見過ごすことのできない環境破壊を避ける抜本的な方法として、代替候補地数カ所の選定及び代替候補地に関する環境影響評価を速やかに実施し、新たな計画地の検討に着手することが何よりも重要であると私たちは考えます。
以上の様な立場で今後の交渉に臨みますが、都事務局の適切な対応が見られない場合には、再度IOCへの要請・要望等も行いたいと思います。

4.全ての住民や関係者が歓迎するオリンピック実現を!
今、私たちの運動に支持を寄せてくださる団体が120を超えました(9/6現在)。地元江戸川区の住民の皆さんや今回の問題に関心を寄せてくださった環境保護団体・市民団体の皆さんに心から感謝すると共に、都心に残る数少ない貴重な緑のオアシスを次世代に残すべく、要望が実現するまでさまざまな対応を協議し実践して参ります。東京オリンピックがすべての関係者から歓迎されるイベントとして開催されますように、今後とも多くの国民の皆様・マスメディア・関係各位のご理解とご協力を切にお願い致します。

2013.03【経過報告】葛西臨海公園2020年東京オリンピックカヌー競技場建設計画変更を求める要望書に52団体から支持
2013.3オリンピック施設計画に関する、団体署名のお願い
2013.3猪瀬直樹東京都知事に都立葛西臨海公園での2020年東京オリンピックカヌー競技場建設の計画変更を求める要望書を提出
2012.12【新聞掲載紹介】葛西臨海公園での2020年東京オリンピックカヌー競技場建設の変更についての公開質問状
2012.12【回答】東京都知事候補宛公開質問状【葛西臨海公園オリンピック会場問題】
2012.12.京都知事候補宛てに公開質問状を送付【葛西臨海公園オリンピック会場問題】
2012.09.身近な生物多様性の宝庫、葛西臨海公園の抱える問題とは? ~自然を守るために知ってもらいたいこと~

2012.08.都立葛西臨海公園での2020年東京オリンピ
ックカヌー競技場建設の変更についての要望書を東京都知事と東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会に提出しました

2012.06.葛西臨海公園オリンピックカヌー競技場建設計画再浮上について 都内有数の野鳥生息地・葛西臨海公園を守ろう

尚、月例葛西臨海公園探鳥会毎月第四日曜日に開催しておりますので、次回以降の日程でご検討頂ければ幸いです。

上記以外にも多数のイベントをおこなっております。

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

9月22日(日)月例葛西臨海公園+Young探鳥会【2020年東京オリンピックカヌー競技場建設問題を知ってみよう!】

集合: google map詳細集合場所 午前10時
     JR東京駅・西船橋駅からJR京葉線(京葉線快速は停車しません)、
     東京メトロ有楽町線新木場駅でJR京葉線に乗り換え、葛西臨海公園駅下車。
     東京メトロ東西線葛西駅または西葛西駅からバス。
解散: 午後3時頃
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)
持ち物: riceball弁当・飲み物(必須)・帽子・日焼け止め・あれば観察道具(無くても可)

この探鳥会はIBA(重要野鳥生息地)で開催しています。

東渚の干潟・海水域には、カワウ、アジサシの群れ、多数のサギ類。

鳥類園の汽水池ではアオアシシギ、アカアシシギ、キアシシギ、セイタカシギなどシギ・チドリ類が観察できます。

公園の林では渡りのキビタキ、コサメビタキ、ムシクイ類などが観察されます。

2020年のオリンピックが東京に決定すると、カヌー競技場でこの林がつぶれてしまう可能性がありす。

干潟・海水域、汽水域、淡水域、そして後背湿地に連なる森林域が渾然一体となった場所です。

若手から常連さんまで集まるこの探鳥会で、鳥だけでなく鳥がいる環境にも目を向けてみましょう!

尚、月例葛西臨海公園探鳥会毎月第四日曜日に開催しておりますので、今回ご参加が難しいい場合でも、次回以降の日程でご検討頂ければ幸いです。

上記以外にも多数のイベントをおこなっております。

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」「野学校」始業の記 漫画家 岩本久則さん

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。


入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »