« 「野鳥・Tokyo」八丈島に暮らして 新東京都産鳥類目録・八丈島担当 岩崎由美さん | トップページ | 「野鳥・Tokyo」鳥類標識調査と鳥類の保全〔公財〕山階鳥類研究所副所長 尾崎清明さん »

[栃木市]12月開催「環境教育関東ミーティング」の参加者募集中。〆切は10月31日!

日本野鳥の会栃木からのお知らせです。

「環境教育関東ミーティング」の参加者募集中。

関東圏で環境教育や自然体験活動に関心のある方、既に実践している方など多種多様な人が集うミーティング。
分野・年齢・経験をも超えたさまざまな人と、情報交換や交流ができる新たな出会いの場です。
経験がない方でも大丈夫。お気軽にご参加ください。

催事名 環境教育関東ミーティング
テーマ 集い 語ろう 人と自然のネットワークみんなで創ろう 地域の”WA”~渡良瀬遊水地から未来へつなぐ環境教育~
開催日 2013年12月7日(土)~8日(日)[1泊2日]
会場 栃木グランドホテル(栃木県栃木市万町6-11)
内容 全体会(鼎談)

渡良瀬遊水地から未来へつなぐ環境教育
呉地正行(NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ 理事長)
高松健比古(日本野鳥の会栃木 代表)
青木章彦(わたらせ未来基金 代表世話人)

分科会
・渡良瀬遊水地とラムサール条約
・公害問題の原点としての渡良瀬遊水地
・「ゆるキャラ」と「道の駅」が里山を守る?!
・タイニーライト・ナノ発電所体験・創造ワークショップ
・ツリークライミング体験(木と触れ合う)
・荒廃した里山の再生とその活用について
・ブラックバス駆除を通じた大学と地域の連携
・人と野生動物をつなぐひと~野生動物インタープリターとは
・初心者大歓迎!! 環境教育基本のき!! 体験からの学び
・わたらせ未来基金の取り組み
・和綿がつなぐネットワーク
・韓国・ラムサール条約登録湿地「牛浦沼」の現状
・草原を活用することで甦る地域の魅力 ~草のちからと人のちから~
・栃木県温暖化防止活動推進センターの取り組み
・世界と日本をつなぐ自転車旅 ~世界一周~
・生き物に聞く生物多様性 環境再生でメシを食う
・環境教育での地域のお宝について語り合おう!
・水源の森は地域になにができる?

対象 学生、個人、行政、企業、教育機関、NPOなど環境教育に興味、関心のあるすべての方
定員 110名(先着)
参加費 16,000円
※ 学生参加者のうち希望者先着30名には、奨学金として3,000円分を助成します。
※ 10月13日(日)までの申し込みは、2,000円の早期割引をします。(学生を除く)
申込方法 ホームページの参加申込フォームから
http://go-and-joy.com/kantomtg/youkou/
お申込みと同時に、顔写真をメール(eemtg@foresfeel.co.jp宛)でお送りください。
申込期間 9月1日(日)~10月31日(木)
主催 環境教育関東ミーティング実行委員会
連絡先 環境教育関東ミーティング実行委員会事務局
〒329-4405栃木県栃木市大平町西山田857
Tel:080-5090-8871(渡辺)
Fax:050-3737-9727
E-mail:eemtg@foresfeel.co.jp

|

« 「野鳥・Tokyo」八丈島に暮らして 新東京都産鳥類目録・八丈島担当 岩崎由美さん | トップページ | 「野鳥・Tokyo」鳥類標識調査と鳥類の保全〔公財〕山階鳥類研究所副所長 尾崎清明さん »

「0..トピックス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/207350/58319838

この記事へのトラックバック一覧です: [栃木市]12月開催「環境教育関東ミーティング」の参加者募集中。〆切は10月31日!:

« 「野鳥・Tokyo」八丈島に暮らして 新東京都産鳥類目録・八丈島担当 岩崎由美さん | トップページ | 「野鳥・Tokyo」鳥類標識調査と鳥類の保全〔公財〕山階鳥類研究所副所長 尾崎清明さん »