« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

12月7日(土)井の頭公園Young探鳥会 with BIRDER

集合: 京王井の頭線井の頭公園駅改札口 午前10時
     京王線利用またはJR中央線吉祥寺駅南口から徒歩約10分。
     sign01注意sign01井の頭公園駅集合です
     『吉祥寺駅』では、ありませんimpact毎年間違う方がいますのでsign01注意sign01

解散: 午後1時30分頃三鷹の森ジブリ美術館付近
参加費:200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)
持ち物:riceball弁当・飲み物(必須昼食後の解散になりますので(駅前にコンビニあり!)
      ・あれば観察道具(無くても可)・雨具・防寒具
履物: スニーカー(ヒールがあっても構いませんが、歩きやすい靴がオススメ!)

タイトルは「Young探鳥会」ですが、老若男女誰でも「若いつもり」で参加しよう!という探鳥会です。

特にバードウォッチング初心者の参加は大歓迎!

野鳥月刊誌『BIRDER』
オンラインバードウォッチングマガジン - BIRDER.jp(外部サイトリンク)

の協力で11月号、12月号に告知が掲載されますので、

多くの新しい方が参加いただけそうです。

さらに、今年も、

興和光学(株)

KOWA PROMINAR | KOWA(外部サイトリンク)

協賛による双眼鏡の貸し出しが台数限定であります。eye

貸し出しを希望される方は、当日、身分証明書と携帯をお持ちください。eye

貸し出しは、先着順で午前9時45分から貸し出し開始となりますので、

希望される方はお早めにeye

また、取材結果は来年『BIRDER』3月号掲載予定で

探鳥会当日の取材には、♪鳥くん

鳥くんオフィシャルウェブサイト(外部サイトリンク)

が担当することになっています。

さらに「特別ゲスト講師」の参加もあるかもしれません!?

井の頭公園の池では、色とりどりのカモたちを至近距離でじっくり見ることができるので、観察道具をお持ちでない方も十分楽しむことができます。

遠くの鳥はスタッフやベテランの方が望遠鏡を覗かせてくれますので、ご心配なく(ベテランの方はご協力をお願いいたします)。

当日は、寒くなることもありますので油断せず防寒をしっかりしてお出かけください。また、公園内は人出が多いので、迷子にならないようにご注意を!

皆様の参加をお待ちしております!

| | トラックバック (0)

【ネット署名開始】環境保全と両立するオリンピックの開催 のため、 葛西臨海公園のカヌー競技会場計画の見直しを!

Kasai

日本野鳥の会東京は、2020年東京オリンピック葛西問題に関してネット署名を開始しました。(写真提供「葛西東渚・鳥類園友の会」)

署名は、サイト【change.org】で募ります。

詳細は、下記リンクを御覧ください。

環境保全と両立するオリンピックの開催 のため、 葛西臨海公園のカヌー競技会場計画の見直しを!

http://goo.gl/0Hy1Ie

※表示されない場合は「更新」して再読み込み願います

賛同頂ける方は、署名と呼びかけをよろしくお願い致します。

【お願い】

※紙ベースでの署名活動に関しては、現在、行わない予定です。

※ネット環境の無い方は、恐れ入りますが、ネット環境をお持ちの方にお知らせ頂いた上、協力頂けるように呼びかけをお願い致します。

※呼びかけ頂ける方は、合わせて、各種サイト、SNS、MLなどでも呼びかけをお願い致します。

多くの皆様の声が活動の後押しとなります。

重ねて署名をお願い申し上げます。

2013.3【経過報告】葛西臨海公園2020年東京オリンピックカヌー競技場建設計画変更を求める要望書に52団体から支持
2013.3オリンピック施設計画に関する、団体署名のお願い
2013.3猪瀬直樹東京都知事に都立葛西臨海公園での2020年東京オリンピックカヌー競技場建設の計画変更を求める要望書を提出
2012.12【新聞掲載紹介】葛西臨海公園での2020年東京オリンピックカヌー競技場建設の変更についての公開質問状
2012.12【回答】東京都知事候補宛公開質問状【葛西臨海公園オリンピック会場問題】
2012.12.京都知事候補宛てに公開質問状を送付【葛西臨海公園オリンピック会場問題】
2012.9.身近な生物多様性の宝庫、葛西臨海公園の抱える問題とは? ~自然を守るために知ってもらいたいこと~

2012.8.都立葛西臨海公園での2020年東京オリンピ
ックカヌー競技場建設の変更についての要望書を東京都知事と東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会に提出しました

2012.6.葛西臨海公園オリンピックカヌー競技場建設計画再浮上について 都内有数の野鳥生息地・葛西臨海公園を守ろう

尚、月例葛西臨海公園探鳥会毎月第四日曜日に開催しておりますので、次回以降の日程でご検討頂ければ幸いです。

上記以外にも多数のイベントをおこなっております。

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」鳥類標識調査と鳥類の保全〔公財〕山階鳥類研究所副所長 尾崎清明さん

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。

鳥類標識調査と鳥類の保全〔公財〕山階鳥類研究所副所長 尾崎清明さん


入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

[栃木市]12月開催「環境教育関東ミーティング」の参加者募集中。〆切は10月31日!

日本野鳥の会栃木からのお知らせです。

「環境教育関東ミーティング」の参加者募集中。

関東圏で環境教育や自然体験活動に関心のある方、既に実践している方など多種多様な人が集うミーティング。
分野・年齢・経験をも超えたさまざまな人と、情報交換や交流ができる新たな出会いの場です。
経験がない方でも大丈夫。お気軽にご参加ください。

催事名 環境教育関東ミーティング
テーマ 集い 語ろう 人と自然のネットワークみんなで創ろう 地域の”WA”~渡良瀬遊水地から未来へつなぐ環境教育~
開催日 2013年12月7日(土)~8日(日)[1泊2日]
会場 栃木グランドホテル(栃木県栃木市万町6-11)
内容 全体会(鼎談)

渡良瀬遊水地から未来へつなぐ環境教育
呉地正行(NPO法人蕪栗ぬまっこくらぶ 理事長)
高松健比古(日本野鳥の会栃木 代表)
青木章彦(わたらせ未来基金 代表世話人)

分科会
・渡良瀬遊水地とラムサール条約
・公害問題の原点としての渡良瀬遊水地
・「ゆるキャラ」と「道の駅」が里山を守る?!
・タイニーライト・ナノ発電所体験・創造ワークショップ
・ツリークライミング体験(木と触れ合う)
・荒廃した里山の再生とその活用について
・ブラックバス駆除を通じた大学と地域の連携
・人と野生動物をつなぐひと~野生動物インタープリターとは
・初心者大歓迎!! 環境教育基本のき!! 体験からの学び
・わたらせ未来基金の取り組み
・和綿がつなぐネットワーク
・韓国・ラムサール条約登録湿地「牛浦沼」の現状
・草原を活用することで甦る地域の魅力 ~草のちからと人のちから~
・栃木県温暖化防止活動推進センターの取り組み
・世界と日本をつなぐ自転車旅 ~世界一周~
・生き物に聞く生物多様性 環境再生でメシを食う
・環境教育での地域のお宝について語り合おう!
・水源の森は地域になにができる?

対象 学生、個人、行政、企業、教育機関、NPOなど環境教育に興味、関心のあるすべての方
定員 110名(先着)
参加費 16,000円
※ 学生参加者のうち希望者先着30名には、奨学金として3,000円分を助成します。
※ 10月13日(日)までの申し込みは、2,000円の早期割引をします。(学生を除く)
申込方法 ホームページの参加申込フォームから
http://go-and-joy.com/kantomtg/youkou/
お申込みと同時に、顔写真をメール(eemtg@foresfeel.co.jp宛)でお送りください。
申込期間 9月1日(日)~10月31日(木)
主催 環境教育関東ミーティング実行委員会
連絡先 環境教育関東ミーティング実行委員会事務局
〒329-4405栃木県栃木市大平町西山田857
Tel:080-5090-8871(渡辺)
Fax:050-3737-9727
E-mail:eemtg@foresfeel.co.jp

| | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »