« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

1月1日(木祝)初日の出と鳥初めを楽しむ+Young探鳥会

集合: 行徳野鳥観察舎 午前6時40分
     東京メトロ東西線行徳駅下車徒歩25分。
     日本橋発5:44、行徳着6:05が便利です。
     (元旦参り向け終夜運転trainをご利用下さい。)
解散: 午前9時頃に行徳野鳥観察舎付近にて
参加費: 200円(保険料を含みます。18歳未満の方は無料です。)

「新年の最初に見られる鳥は何か?」で、「バードウォッチング運」を 占ってみませんか?天気が良ければ、初日の出の後にスカイツリーの奥にfuji富士山が見られタカが複数種類飛んだりします。こっそりと、なすびの漬物を持ってくれば、今年一年の初夢はバッチリです!

草紅葉に降りた霜が、陽が当たるにつれて溶け出す頃、ねぐらを取っていた鳥たちが目覚めて飛び交いだします。普通とは違う行徳野鳥観察舎保護区の姿をお楽しみください。元旦参り向け終夜運転を利用しての参加が便利です。

dangerご注意

  • とても寒いsnowのでpaper手袋、drama帽子、sign05マフラー、snowboard重ね着など防寒対策は万全にして起こしください。

annoy東京湾奥部は、野鳥を指標とした国際基準をもとに、アジア地域のシギやチドリの生息にとって重要であることが確認され、IBA(Important Bird Area:重要野鳥生息地)に選定されています。もちろん行徳はその中にあります。日本のIBAについては(公財)日本野鳥の会の「Important Bird Areas in Japan 翼が結ぶ重要生息地ネットワーク」に詳しく紹介されています。また、IBAとしての東京湾奥部については同サイトの「IBAサイトの詳細 東京湾奥部」に解説が載っています。ぜひこちらもご覧ください。

| | トラックバック (0)

「野鳥・Tokyo」緑と鳥にあふれる葛西臨海公園を次世代の人々へ公益財団法人日本野鳥の会常務理事佐久間仁

「野鳥・Tokyo」とは

当会機関誌『ユリカモメ』の巻頭言となるものが「野鳥・Tokyo」です。
ここには、さまざまな人に登場していただき、当会に関わるさまざまな話題を、広い視野・鋭い目で語っていただいています。
日本の・世界の自然について、東京発の活動という視点でお読みいただければ幸いです。

緑と鳥にあふれる葛西臨海公園を次世代の人々へ 公益財団法人日本野鳥の会 常務理事 佐久間仁

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »