« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

【日本野鳥の会東京主催】湿地保全シンポジウム「日本のラムサール条約湿地 50から100へ」

【日本野鳥の会東京主催】湿地保全シンポジウム「日本のラムサール条約湿地 50から100へ」

「シンポジウム案内チラシPDFファイル」をダウンロード

 日本のラムサール条約湿地は、合計50カ所となりました。
しかし、国内には、重要でありながらラムサール条約には未登録の湿地がまだ多くあります。
環境省は重要湿地500を改訂し、今年4月に「生物多様性の観点から重要度の高い湿地(重要湿地)」を公表しました。
ラムサール条約では、条約締結国に、重要な湿地を登録するとともに、広く湿地の保全を進めることを求めています。

 本シンポジウムでは、
「日本のラムサール条約湿地 50から100へ」とのテーマを掲げ、
日本の湿地保全の現況を確認し、さらに条約湿地を増やすとともに、湿地全体の保全を推進するためにはどうしたら良いかを考えます。

●日 時:2016年6月19日(日)13:30〜16:30
●場 所:都立葛西臨海公園 鳥類園ウォッチングセンター レクチャー・ルーム
      JR京葉線葛西臨海公園駅下車
      鳥類園ウォッチングセンターまで徒歩15分
●参加費:無料

●プログラム
Ⅰ 基調講演
1)生物多様性国家戦略とラムサール条約
  (環境省野生生物課課長 奥田直久)
  *環境省によるラムサール条約推進の考え方・方策
2)日本の重要湿地とラムサール条約登録湿地の現状と課題
  (日本国際湿地保全連合所長 横井謙一)
  *公表された重要湿地から見る日本の湿地の現状とラムサール条約による湿地保全

Ⅱ 登録を目指す湿地からの報告
  *各地でラムサール条約の登録を目指している湿地での活動の報告
1)東京湾
  ・葛西海浜公園・三枚洲(日本野鳥の会東京 飯田陳也)
  ・三番瀬(三番瀬のラムサール条約登録を実現する会 立花一晃)
2)愛知県表浜(表浜ネットワーク代表 田中雄二)
3)吉野川河口(とくしま自然観察の会世話人 井口利枝子)
4)球磨川河口(八代野鳥愛好会会長 高野茂樹)
5)泡瀬干潟(泡瀬干潟を守る連絡会事務局長 前川盛治)
質問・意見交換

●主 催:日本野鳥の会東京/ラムサール・ネットワーク日本
●お問い合わせ
 ラムサール・ネットワーク日本 TEL/FAX 03-3834-6566
 Eメール info☆ramnet-j.org(☆印は@に置き換えて入力:迷惑メール対策)

*このシンポジウムは湿地のグリーンウェイブ2016参加イベントです。

Suzugamo

スズガモ「鈴木弘行」撮影

Kanmurikaitsuburi

カンムリカイツブリ「中島喜久雄(鳥類園友の会)」撮影

| | トラックバック (0)

≪スペシャルトークイベント 生物多様性を知り、野鳥写真を楽しもう!≫

 

853x1280_2

おすすめの機材展示や野鳥写真家によるトークイベント、撮影のコツが学べるワーク

ショップなど、野鳥撮影や観察のヒントがもりだくさんのイベント野鳥フォトフェスタfeat.が開催されています。

611日のトークイベントでは、野鳥の生態や観察の秘訣と野鳥撮影のコツやテクニックを、日本野鳥の会 安西 英明氏と、野鳥写真家 戸塚 学氏が数多くのスライドや美しい作品を通して解説します。事前申込制です。みなさん、ぜひお越しください。

開催日程:611日(土) ①11:0012:30 14:3016:00

場所:キヤノンプラザ S(品川駅より、徒歩7分)

定 員:各回 80名・無料

申込方法:「野鳥フォトフェスタ」ホームページ canon.jp/sr-birdphoto より事前申込み(先着順受付開始)

Photo_2

協力:CANON BIRD BRANCH PROJECT  後援:公益財団法人 日本野鳥の会

| | トラックバック (0)

【無料プレゼント!】朝日新聞記事掲載の「おさんぽ鳥図鑑」

本日の朝日新聞に新浜(行徳)探鳥会の様子などが掲載されました!

※全文読むには無料の登録が必要です。

【無料プレゼント!】

記事内にあった「おさんぽ鳥図鑑」をなんと太っ腹!無料でプレゼントしております!

野鳥観察に興味のある皆さんにぜひ遊びに来てほしい!
その第一歩として取り寄せてみてはいかがでしょうか!?

【愛鳥週間(バードウィーク)】は、明日からです。

(公財)日本野鳥の会の愛鳥週間イベントで野鳥観察行事、探鳥会(たんちょうかい)が各地で開かれています。

ご近所での開催があるか調べて参加してみませんか?
日本に繁殖するために飛来する夏鳥(なつどり)をきっと見る事ができますよ!

申込不要です。気軽に参加ください!

入会すると毎月会報「ユリカモメ」が届き、イベントや保護、研究、観察、その他の活動の詳細を読む事ができます。

→日本野鳥の会東京に「入会案内資料」の請求をする

ぜひ入会もご検討ください。

| | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »